一口に慰謝料と言っても、いくつかの状況によっても多少の違いはあるようです。例えば、〝単に浮気をした〟というだけで別居にも至っていない場合、その浮気をした片方の配偶者が請求できる慰謝料は50万円くらいであると弁護士は言います。しかし、この浮気が原因で別居に至り、さらに離婚という事になると100万円〜200万円という相場だそうです。

また慰謝料は不貞相手にも請求ができますが、その相場は200万円〜300万円であるといいます。

しかしながら、〝慰謝料〟というのは制裁の性質を持っていますから、その金額が相手にとって全く制裁にならないような金額であったら意味がないと思います。

このあたりは、また次回、弁護士さんとの会談にて明らかにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です